小林製薬のグルコサミンを飲もう|石の上にも三年

更年期の不調は男性にも

頭を押さえる女性

テストステロンの減少

更年期障害といえば女性特有の症状と考えられがちですが、実は男性にもあるのです。女性の更年期障害は、閉経に伴い女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少することで様々な不快な症状が起こります。一方、男性更年期障害は女性の閉経のように目安になる事象は特になく、どことなく身体の不調が続き、受診したところ診断されたというケースが多いのです。男性更年期障害は、男性ホルモンのテストステロンの分泌の減少によりホルモンバランスが乱れることが原因と考えられています。テストステロンは、筋肉質な身体や男らしい精神を形づくる素になるものです。しかし老化やストレス等によりその分泌が減少すると、体や心に不調が起こってしまうのです。男性更年期障害は、40代から50代の働き盛りの男性によく見られると言われ、最近になってかなり広く周知されるようになってきました。その結果、女性同様症状の緩和や改善には病院の治療が有効と知られるようになり、今後多くの男性が積極的に受診していくとみられています。

改善にあたって

病院では、減少してしまったテストステロンを外から補充する薬剤治療やカウンセリングを行い、症状の緩和に努めています。さらに、こうした薬剤治療と同時にサプリメントの利用も推奨されています。男性更年期障害は、鬱や集中力の低下、不眠等の精神に関する症状がよくみられます。こうした精神状態の改善に有効とされるのが、セントジョーンズワートです。セントジョーンズワートはヨーロッパでは鬱などの処方薬としても利用されているハーブで、脳内伝達物質セロトニン値を高め、気分を上昇させる作用があると言われています。日本ではサプリメントとして販売されているので、更年期に悩む方は是非利用してみると良いでしょう。

Copyright © 2016 小林製薬のグルコサミンを飲もう|石の上にも三年 All Rights Reserved.